文化・芸術

芸は一生

25年度文協行事、既に数々のイベントを済ませ、そして進行中です。

町制50周年、第16回記念公演「清水町舞踊まつり」ということで

文化協会所属舞踊の会のステージがあり

昨日は雑用スタッフとして交流センターで過ごしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

10時30分から16時までのノンストップステージは

Img_0210_ws

Img_0214_ws

艶やかで

Img_0236_ws

Img_0240_ws

Img_0243_ws

凛々しくて

Img_0222_ws

Img_0253_ws

Img_0254_ws

Img_0259_ws

何よりも

御年96歳のこのお方。

昨年よりも色艶よろしくなっていた事に驚きました。

Img_0234_ws

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霊峰富士

世界文化遺産、決まりそうですね。

今朝の山梨県側は晴れてその雄大な世界を見せているようだけど

こちら側の空はどんより、雨模様。

奇しくも松原とのセットは拝めてないのよ....多分

静岡県人としてはちょっと複雑。

なので、写真の富士山は4月22日の記録で残します。

----------------

Img_0089_ds

( 画像ちょっとだけ大きくなります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏地バンザイ!!です。

町の生涯学習実践発表会と講座、教室の合同閉講式のお手伝いで早朝より交流センターに詰めました。

手伝いと言っても来賓接待でお茶を出すぐらいの役割。

式が始まれば客席に座って式の流れを客観視するだけ。

今年の記念公演は

早大ハイソサエティーオーケストラと慶応義塾大ライトミュージックソサエティーのOB、OGを中心に結成、ほぼアラファイ世代で構成されたバンド

ハイライトオールスターズの演奏会。

30分程の演奏だったけどやはりライブは迫力あるね。

Img_0792_ws

午後には地元の高校生とのセッションライブもあって聴きたかったのだけど

近所のカフェ(昔ながらの喫茶店)でランチして

私は明日のチャレンジキッズの準備要員として買い出しGO!!!

今期のチャレンジキッズ講座も明日で閉講。

子供達と一緒に豚汁やおにぎり作って食べて1年間を振り返る予定です。

大根やら牛蒡やら肉やら豚汁の下準備で午後はセンター調理室で過ごし

華やかに繰り広げられてるであろうビックバンドのステージは観る事ができませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年になって、週末イベントが多い

明日も苦手な早起き

なので

姫の袋作りは今夜もお休み

Img_0776_ws

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8日~9日の、夜中に完成したお着替え入れ記録します。

汚した時のために、着替えを入れて園に置く袋。

縦35㎝×横30㎝にマチを15㎝つける

なので

かなり大きなものになるの。

この15㎝のマチ

Img_0777_ws

私の夜中の弱い思考回路を

容赦なく攻撃しまくり

型紙を作らなかった事が悔やまれました^^;

.

.

ありゃまぁ!? 

気がつきゃ

丈が7.5㎝短くなってて

そうだった・・・

横のマチ分プラス裁断は完璧だったのだけど

縦のマチ分のことはすっかり忘れてて35㎝には程遠い。

仕方ないので裏地で足りない丈を足す。

こんな感じ

Img_0778_ws

あぃや~

このピンクのハートがアクセントになってよろしくないですか?

真夜中に独り言

「怪我の功名ってこういうことかもぉぉぉ」

で、仕上がったのが

こちら

Img_0783_ws

もちろん

裏地はばっちり

Img_0779_ws

この裏地に助けられたお着替え袋と言うことで

今夜のタイトルは決まったね ↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回は「絵本袋」

手さげ兼ショルダーと言うことで

どんな風にアレンジしてやろうか

今からワクワクしているバァバです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芸術祭後期

芸術祭当番、今日 明日は無し。

今日は何だか熱っぽいし喉も痛い、風邪かな

けど、寝込むなんてもったいない。

久々にゆっくり家に閉じこもれるんだもの

残したい記録(ネジバナ他)写真撮ったり

お掃除したり

次男の誕生日だし

鶏の唐揚げとチーズの餃子の皮巻き揚げ

カレー味パスタにコーンポタージュ、生野菜

彼のリクエストを母親らしく手作りして(生野菜は切って混ぜただけだけど^^;)

ケーキ食べてささやかにお祝いして......のんびりだけど忙しかったです。

--------------------------

と、言うことで記録は先ずは昨日の事

9日、芸術祭後期の展示をしてきました。

本日(10日)より13日まで開催。

後期は押花絵の展示が入るのでしっかり記録しようと思ったけど

やっぱりこれも写真だけの粗筋記録になっちゃいそうです。

--------------------------

展示作業は午前中の搬入を済ませ13時から始まって予定通り16時に終了

(写真は16時過ぎのもの)

--------------------------

Img_0146_ws

  • 押花絵

Img_0148_ws

Img_0166_ws

16点の出品でした。

こちらの展示スペース右側、押花絵から始まって

Img_0170_ws

  • ビーズアクセサリー

Img_0165_ws

  • 布花

Img_0161_ws

左側

  • 刺し子 染織

Img_0160_ws_2

  • 華道

Img_0164_ws_2

----------(盛花 立活け 自由花)

Img_0171_ws_2

--------------------------

こちらの展示スペース

Img_0169_ws

左側

  • 絵手紙

Img_0151_ws

  • 筆ペン

Img_0153_ws

  • 日本画

Img_0157_ws

  • レザークラフト

Img_0150_ws

  • パッチワーク

Img_0158_ws

右側

  • 水墨画 アッ いけない!!2点しか写って無い.... (他、ゴメンナサイ)

Img_0152_ws

  • パステル画・洋画

Img_0154_ws

Img_0159_ws

--------------------------

展示記録はこんな感じです。

やっぱり前期後期で分ける展示はすっきりしてていいなぁ

(労力使うけど)

------おまけ

最終日はステージの部があります。

ウフフ♪

なにやら我家の姫がヒップホップダンスデビューするみたい

「ママにつけてもらったの」

ちょっと前、姫がおめめパチパチ見せに来ました。

(あちゃー!! つ・・つけまつげ?)

「かわいい?」

ちょっと驚いたけど可愛いに決まってるでしょ

『うんうん 可愛い!!』

どうやらステージ用のお化粧慣らしらしい。

『アイシャドーつけてあげようか?』

と、よーく見たらラメ入りで薄っすらアイメイクもしてありました。

『なぁんだ おめめ お化粧してあるね じゃぁ ほっぺの方お化粧してあげようか?』

「お化粧は目だけなの、お顔はママがまだダメって言うもん」

『あ そっかぁ』

5歳のお顔にお化粧は必要なかったのすっかり忘れてた

ダメなバァバでした。

プレッシャーに弱い姫、当日 熱 出なければいいけど...

と、言うことで今夜はこの辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

芸術祭前期

ここ1週間、PCに向かう時間が無くてメールチェックもできないでいたら

どっひゃ~

どうひまひょ?

俗に言う迷惑メールらしきものがどっさり入っていました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

久々の記録です。

町の芸術祭、前期の様子です。

Img_0120_ws

  • 糸ヒバの立活け

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

展示作業が終われば後は当番制で会場入りでした。

芸術祭運営の手伝いも今年で10回目。

と、言うことは10年も時は流れたのか 

コワイ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

後期は8日から搬入が始まり9日展示

押花絵もあるのでその時はしっかり記録する ゾッ!!

と言うことで

今日は「こんな感じです」みたいなあっさりモードで写真だけ貼っておきます。

前期の方 ごめんなさい^^;

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Img_0113_ws

  • 町の小中学生~幼児作品

Img_0119_ws

  • 籐工芸

Img_0115_ws

  • 七宝焼(アクセサリー・額絵)

Img_0116_ws

  • 書道

Img_0117_ws

  • 写真

Img_0114_ws

  • アレンジメント(生花・ブリザーブド) 
  • 華道(生花・立活け) 
  • クレイフラワー他

Img_0118_ws

  • 他、姉妹町(北海道・和歌山・福井)の作品
  • 手作り絵本 紙芝居 五行歌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なべしき作りました

鍋敷き作ってきました!(10月17日18:30~21:00)

カッコよく言えばモザイクタイルアート

タイルは好きなんです。

今日は初心者の体験版ですね。

--------------またまた 

商工会関連の講習会だったんだけど

楽しめましたよ

Img_0009_ws

Kana’s Tiler の金井数江先生

元気いっぱいいっぱい夢いっぱい

作品も素晴らしい。

Img_0029_ws

「ブログ書くよ~顔載せるよ?」って言ったら

--------------「OK OK」

って

いざ 写真撮ろうとしたら

変顔ばっかりするんだもん

これじゃ使えないよ

イメージあるしなぁ~

--------------けど

若い人は変な顔しても可愛いから許せるのよね

ま、今回はお初ということで

このショットでご紹介ね 

Img_0023_ws

--------------と 

言うことで

色々あるけど まずは今夜の講習内容から。

  • 持物:ハサミ 牛乳パック ピンセット エプロン

先ずテーブルはこんな感じ

Img_0010_ws

--------------手順はこれ

Img_0011_ws

  • タイル選び(いっぱいあり過ぎて迷うこと迷うこと~)

Img_0014_ws

きちんと必要な数だけ持ってきました(偉い)

Img_0015_ws

  • 選んだタイルを取りあえず並べてみる

12個 12個って 何だか頭の体操みたい

数だけのはずだったタイルがやたら増えてる.........

Img_0016_ws

この色あの色って欲張ったら収拾がつかなくなってしまいました

  • 何とか形になったのでボンドでタイルを貼る
  • 木枠にマスキングをして目地を埋める

Img_0018_ws

  • 余分な目地をスポンジを濡らして堅く絞って拭きとる

Img_0020_ws

--------------そして手順 ⑤ ⑥

Img_0012_ws

  • 綺麗に磨いて

-------------- はい!出来上がり

Img_0031_ws

タイルが曲がってしまったのはご愛敬

--------------

この記録ではすごく簡単そうに見えるけど

確かに簡単って言えば簡単

でも、その簡単は先生の下準備があって

要所要所で手を貸して下さるから簡単に思えるだけなんです。

わかっていますよ~先生

貴方は力持ち!! って違うか

-------------- Kana’s Tiler からのお知らせ

12月3日(土)4日(日)に 2day Shop を開催するそうです!

Imgkanastiler_ds

お近くの方、是非 お出かけ下さいね

こ~んな 顔してお待ちしていますって

Img_0028_ws

Kana 先生からの伝言です

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏曜日の1日

町の小学生を対象に月に1度開いているチャレンジキッツ教室。

夏休みだからかな?15%程の欠席があったみたいだけれど

午前中の交流センターで元気な子供達の8月教室がありました。

約100名の児童達は3グループ(私が着いていたのは1,2年生)に分かれて

TOSSの先生方の指導のもと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

木工室では

Googleのロゴデザインコンテストに応募すべく用紙にクーピーで思い思いの色をつけ

Nec_1331_ws

★2009年から「Doodle 4 Google」という
小中高生を対象とした「Google」のロゴデザインコンテストを実施しています★

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

和室では

五色百人一首/五色カルタでさし取りしたり

Nec_1317_ws

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

研修室では磁石の実験

コイン(お金)は磁石がくっつくかがテーマのようで

子供達、何円玉がくっつくか色んな意見を出していました。

Nec_1314_ws

結局、1円玉も10円玉も100円玉もくっつかず

なんと、お札がかすかに反応してみんなびっくり。

実は、私もびっくり^^;

お札に印刷されてる10000とか1000とかのインクにくっつくんだそうな。

みんな、外れちゃったね~

(これって常識?私 全然しりませんでした)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

午後からは出かけついでに涼みたくって

予約が取れたので美容院へ行って来ました。

新製品というか商品と言うか技術というか

オゾンカラーリングとオゾンパーマを軽めにかけて

髪、切っちゃおうかなと迷ったけれど思いきれずに3㎝程カットしてもらいました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

暑いのに少しだけ慣れつつの身体だったので

1日中エアコンの効いた部屋にいたせいか

扇風機だけの部屋にいる今、何だか顔ばかり熱って気分へんてこりんです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ちびっこにブラボ~うまいぼ~♪

町の交流センター、ゴーヤのカーテンがお見事です。

外から

Nec_1304

中から(2Fへの階段踊り場付近)

Nec_1308

何回か収穫済みらしいけど

Nec_1312

まだまだ~あそこにもここにも実が吊り下がって。

Nec_1310

こりゃ、収穫が大変だわ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は、そんな交流センターで

Nec_1303

ちびっこ劇場

(主催:清水町教育委員会 企画運営:NPO法人清水町文化協会)が開かれました。

Nec_1302

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日午後には会場準備、こんな看板作りなどなどの手伝いをして

Nec_1306

今日は早朝から受付のお手伝いなどなどなどをしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年のちびっこ劇場は

プロの音楽家による歌とピアノとお話

  • 藤本ゲン(ピアノ)
  • 日野原希美(歌とお話)
  • 中川貴久美(ピアノ)
  • 小林教子(ソプラノ)

幼児・小学生と保護者を対象に開かれました。

Stage

1部、2部、フィナーレと3部に構成されたステージ

乳児の為の親子室もあるけれど

ちっちゃな子もお兄ちゃんやお姉ちゃん達と一緒に観客席に座りたいよね。

でも途中で飽きて大きな声を出すちっちゃな子達に

「途中の大きな声や泣き声は僕たちには ブラボー!としか聞こえないですよ♪」

とMCをするアーティストさん

とってもブラボーでしたよ

それを聞いて気を使っていたママやパパは随分リラックスできたんじゃないかな?

会場を出る時、みんなに配った「うまい棒」

Nec_1298

ブラボーに因んだわけじゃないけれど

ウマイボーとブラボー   ボーつながりということで~♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

町内行ったり来たり

じりじり暑かった。

午前中は、チャレンジキッズのスタッフ手伝いで久しぶりに小学校へ行ってきた。

学校の駐車場の混み合いを防ぐため、車を地域交流センターに置き、学校まで徒歩移動。

まぁ 300m位の距離だけど(笑)

開始時間の9時半に合わせて子供達を送ってくる父兄の車の誘導で汗だくになった。

開校中は子供達が怪我をしなように気を配ることぐらいで体育館の隅に座っていればよい。

小学校の体育館は風通しも良く汗がひいて行くのがわかった。

Nec_1213

清水小学校は私の母校。

通っていた頃の校舎の記憶が薄い。

おそらく建て替えをしたはず。

Nec_1212

なのに、校舎が昔のままに思えたのは

ママさんバレーをしていた頃

この体育館を使っていたので、その時の記憶なんだろうと思った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(追記:どうも校舎の方は建て替えしてないらしい。建て替えたのは体育館、子供の頃は講堂と呼んでいたっけ.....)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チャレンジキッズが終わり子供達を見送った後、交流センターに戻った。

交流センターでは、朝から「清水町舞踊まつり」が開催され活気だっていた。

清水町舞踊の会13団体、64演目ノンストップの公演だ。

艶やかな身のこなし、曲に合わせての衣装(和服)は見ていて飽きない。

写真撮影はNGだったが撮らせてもらった。

掲載はひかえるが、この数枚だけは残しておきたい。

Nec_1200

「おてもやん」をくちずさみながら軽やかに踊るこの御方。

Nec_1198

当年とって 94歳。

Nec_1196

よ!日本一

| | トラックバック (0)

職人を超越した作家

木版画家・牧野宗則氏の作品展に行って来た。

Img_8836_ws

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

40余点の作品展示(作品の写真も撮ったが掲載は控えます)に併せ

版木・ばれん・彫刻刀・鮫皮等、道具類の展示や制作風景のDVDの放映もしていた。

Img_8842_ws

Img_8843_ws

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本来なら、絵師や掘り師、そして摺り師の3者の分業で制作される絵を、牧野氏は自ら全ての行程を手がけ、作品によっては20枚を超える版を掘り、40~50回を超える摺りを重ねるとか。

気の遠くなるような行程と計算されつくした熟練の技。

自然素材の和紙や桜の木を相手にするのだから計算しても出しきれない色や掘りの歪を微調整する技。

一つの作品への精魂を燃やす掘りや色への拘りを熱く、優しく、そして丁寧に語って下さった牧野宗則氏。

Img_8844_ws

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東日本大震災 復興支援チャリティー展

牧野宗則木版画展

  • 6月の25日~7月10日までの開催
  • 会場は、清水町地域交流センター 展示ホール

ーーーーーーーーーーーーーーーーお近くの方は是非行って欲しい。

版木の組み合わせで色と柄と凹凸から生まれる影を見事に調和させた、牧野氏オリジナルのブロック・アートも斬新だった。

パンフレットには、「伝統とモダンの結晶」と謳っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昼に出かけ、1時間程見れば十分だろうと思っていた。

なのに、気がつくと時計は2時を回り、2時には他の約束があった私だったので慌てた。

そのくらい、夢中で見入ってしまう作品の数々だ。

まだ、足りない。

明日、また、交流センターには出向く予定があるのでまた観たいと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここだけの話

欲しい作品があった。

でも値段が衝動買いやへそくりの世界では無理・・・・

家族会議で絶対に却下されるに違いないから我慢した。

なので、明日は、書籍を買おう^^;

| | トラックバック (0)