« 2018年8月 | トップページ | 2019年11月 »

2018年9月

独り言あれこれ 秋色

異常気象と騒がれているけど

植物はちゃんと咲く時期を覚えているんです。

異常異常とマスコミに踊らされているのは人だけでしょうか。

(呑気なこと言ってんじゃないよんと自分で突っ込んどきましょう)

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

今年も曼珠沙華(マンジュシャゲ、またはマンジュシャカ)が

ちゃんとお彼岸をめがけて咲きました。

25608




庭には、ここ数年見なかった白い曼珠沙華も咲きました。

25612

曼珠沙華の特徴は、花のある時期に葉はなく、葉のある時期には花がありません。

「葉見ず 花見ず」と言われていて花と葉を一緒に見ることがない。

なんとも悲しい寂しい花に私は思えます。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

お寺の境内はキンモクセイノの花の絨毯でした。

25606_2

見上げれば大きな樹です。

25607

やはりちゃんとこの時期に甘い香りを楽しませてくれているんですね。

キンモクセイは、モクセイ科・モクセイ属の常緑性の小高木樹。

原産は中国南部で、江戸時代に日本に伝わってきたようです。

もともとはギンモクセイの変種です。

本来は雌雄異株ですが、輸入された際に雄株しか入ってこなかったことから、

日本にあるキンモクセイには実(種)がつかないということです。


大きい樹木で10mほどまで育ち、日本では観賞用として公園や庭先で栽培されています。



(墓参りの後、キンモクセイにアレルギー反応した妹は喉を詰まらせていたけれど...気の毒に....)

なんだかんだ言っても秋色きてますね。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

おまけ

25609

お寺の飼い犬 だるま君です。

犬種はボクサー。

私とはしっかり目を合わせてくれる可愛いやつです。

死んだリバーやアイチャンの生まれ変わりなんじゃないかと

何だか不思議な感じがするんです。

しつけは先ずアイコンタクトからといいます。

いつかお散歩代行したいななんて密かに思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

押花絵(アナベル)

ショートステイで母が居ないので

自由な時間ができました。

邪魔をされずに集中できるのはキモチがいいです。

と、言ってもこんな風に記録をしているのだから

ほんとに集中してるのだかどうだか。

とにかく、作品展も近いので

作画の感覚を思い出しておかなければと広げてみました。

25571

作画する時は、ある程度の構図は頭にあるけれど

押花との兼ね合いもあるので

殆どが私の場合は行き当たりばったりでデザインします。

なので、材料も道具も出しっぱなし状態。

やたら散らかしてピンセットやハサミを置き忘れ絶えず探している状態です。

25572

先ずは構図を決めパステルで背景を描きます。

影になる部分から押花を置いて和紙やオーガンジーで順にぼかしていきます。

25573

影の部分にはあまり綺麗に仕上がらなかった押花を使い

トップに綺麗なものを置いていきます。

25574

あらましできたら、中抜きマットを当ててみて全体のバランスを見ます。

25575

そして、ここまできたら終盤です。

25577

裏打ちのアルミにガードテープを貼り

アルミ・押花絵・外画面になるガラスを合わせ

乾燥剤、脱酸素剤を入れ特殊な樹脂で淵を固定して

ストローとポンプで画面の中の空気を抜いて真空状態にします。

(作品裏はこんな感じ)

25578

そしてフレームに入れて出来上がりです。

25581

ここ数年、インストラクターの研修に出ていないので

私はかなり浦島太郎かもしれない。

でも、作品を仕上げた後の達成感って言うの?キモチいいんですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

成長

身内の動画は何回見ても面白い。

懲りずにバババカしてますよん。

視聴回数は全~部、わたし(笑

それにしてもブレずに踊ってるね。

髪が揺れないもの、がんばってる。


大きくなったものさ。

何故か

動画がこの二つしか無いのが残念だけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地震

25491

震源域が東海地震・東南海地震・南海地震と

3つに区切られている駿河湾から四国までの広いエリアの

駿河トラフと南海トラフは地震の起こり方が、

過去の歴史から見て単独で起こるのではなく

東から順に、短い間隔で連動して起きているというのだから怖い。

阪神大震災から記憶が薄れる間もなく各地で大地震が起きています。

私の住む辺りは駿河トラフに位置します。

悲惨な光景を見るにつけ

今までのような対岸の火事的思考は無くして具体的に備えようと思います。

と、言っても現在主だって置いてあるのは

非常用の自家発電機とガソリン携行缶、寝袋と履物ぐらい。

これも、家屋が潰れたら取り出し不能になること必至。

想像しただけでもお粗末なものです。

「今頃?」と突っ込まれそうだけれど

先日、タンス転倒防止の器具を取り付けてもらいました。

25475

私はこの横で寝ています。

地震が起きて抵抗する間もなく

圧死してしまうのは余りにも怖いし悲しいから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

きのこ

大変 大変!

キモチ悪いです。

こんなの生えてました。

25471


何でもありの庭先だけど

こんなきのこを見るのは初めて。

25471_2


画像では白っぽく見えるけどクリーム色です。

いかにも毒っぽい....

こんなのがお気に入りのシマトネリコの根元に生えてるなんて

鳥肌立ちます。

反対側にも並んで生えてます。

25472


採らねば...採らねば....

でもキンが残るよね。

また生えて来るかな。

適温 適湿?

これも異常気象の証ですか。

あーキモチ悪い!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

独り言あれこれ

父の月命日。

お寺の山ではキソキソとヒグラシが鳴いていました。

朝から日暮らしちゃ や~よ と独り言。

涼しい内にと墓参りをしました。

気になっていたカイコウズのあの花は

風の仕業ですね。

折れて真っ黒に枯れていました。

けど、他の枝にも花が咲いていて

苔むした古木だけれど花芽はけっこうあるんだろうとホッとしました。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

秋はそこまで来ているんでしょうか。

先日、栗を頂戴しました。

茹でて皮を剥きました。

皮むきグッズなら色々ありそうだけど極めて私は原始的。

こんなもの最初に食べた人はえらいなどと言いながら

根気との勝負。

25336

右手親指の爪が悲鳴をあげました。

傷テープを貼って痛々しいねと、自分で自分を労いました。

渋皮ごと食べられる渋皮煮にすればよかったと後悔。

この渋皮を剥くのがまたまた一苦労なのです。

とは、昨夜のことでした。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

昨日、ヤマボウシの実を持ってディから母が帰ってきました。

ヤマボウシもやはり苞(総苞片)に囲まれ花が咲く木です。

あの真ん中の丸くて硬いところが花で実になるんですね。

押花の材料としてよく使っていたけれどそこまで考えませんでした。

で、この実 食べられるそうです。

マンゴーのように甘くてシャリシャリした食感、ジャムにしたり洋酒に漬けたり。

おどろくなぁ

多分、動物か虫が食べてるのを見て毒は無いと人間が判断したんだろうか。

これ最初に食べた人、やっぱりえらい。

どう見ても、これ

25334

食べる気にはならないです。

お腹こわしそうですよ。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

先日のポインセチア。

25337

今までに葉を取ったりすると切り口から乳白色の樹液が出ていました。

これには微量な毒があって触るとかぶれたりするそうです。

一応、ビニール手袋をして

無事、切り戻し剪定式終了。

画像を見て気が付いたのね。

後ろのガラスがマジ汚いのは見なかったことにして

後日、拭き掃除でもしましょうか。

以上 独り言あれこれでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2019年11月 »