« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

ポインセチア

ポインセチアといえば赤と緑のクリスマスカラーを
思う人が多いのではないでしょうか。

25310



間違えやすいけどポインセチアの赤色の部分は花ではなく
葉の一部なんですね。

これは”苞”と呼ばれる葉の変形したものと言われていて

花は”苞”に囲まれている小さなつぶつぶの部分。



毎年、綺麗な赤を求めるなら切り戻し剪定が必要だったのだけど

いつまでも綺麗に見えていたのでその時を逃し

今はこの状態。

25303

毎日見ていると変化に気がつかないものです。

こうして見ると明らかに葉は赤ではありませんね。

でも、すごい!

この酷暑を乗り切っているのですから。



剪定・・・・今からでも遅くないかしら・・・・



科名:トウダイグサ科

学名:Euphorbia pulcherrima

別名:ショウジョウボク

原産地:メキシコ
樹高:30cm~5m 主な開花期:11月-1月

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワイヤープランツ

以前からお隣と見事に共演する我家の植物のことは何回も残しています。

ほったらかしで迷惑しかりは我家の植物たちですが

取分け強硬なのは

花壇のグランドカバーとしてその役を果たし

足を踏み入れる隙間さえ残してくれないワイヤープランツです。

25293

しかも、それだけでは飽き足らず

お隣の門塀と我家の塀の隙間からも噴出してしまいました。

25295

恐るべしワイヤープランツ。

可愛い花も付けるのですが

25296

茎は名前のごとく針金のように硬い。ゴワゴワです。

今日はワイヤーはワイヤーで、と、ポニーティルのように吊り上げました。

25297

これで、ワイヤープランツが好む風通しも良くなってすっきりしました。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

先日、とある雑貨屋で

可愛らしい陶器の鉢に植えられた小さなワイヤープランツを購入しているご婦人がいました。

思わず

「それ 地植えにしたら増えますよ」と余計なお世話してしまいました。

だって....あんなぽよんぽよんの小さな小さな株が800円もしているなんてありえませんもの。

とは、ここだけの話ですが。

ちっちゃな庭先記録でした。

・‥…━━━・‥…━━━・‥…━━━

科名 タデ科
属名 ミューレンベッキア属
学名 Muehlenbeckia-complexa
別名 ワイヤーバイン・ミューレンベッキア・ワイヤープラント
みずやり 水控え目
場所 外の半日蔭
難易度 初心者向け

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤い花が咲く木

お寺の入り口に一枝だけど咲いていました。

肉厚で4~5cmはあるちょっと情熱的な花です。

24890

この木は低木です。

始めて見たので何という名前なのか

気になって気になって仕方ありませんでした。

別に名前が分かったからと言ってどうと言うことは無いけれど。

住職か奥様に聞けば直ぐ分かりそうだけどそこはアレです。

なので探しましたよ。

「赤い花の咲く木」でポチポチチクチクと。

やっと見つかりました。

すっきりしました。

カイコウズ(海紅豆)と言う名だそうです。

学名は「アメリカデイゴ」

ブラジル原産マメ科の落葉広葉樹。

初夏から初秋にかけて房状に鮮やかな濃紅色の花が咲く。

日本には江戸時代に渡来したとありました。

マメ科だから花が終わったら長い豆でもつけるのでしょうか。

しばらく目が離せません。

鹿児島県の県花ということで、これまたびっくり。

元の県庁の敷地の周りにはたくさんのカイコウズの木が植えられているらしいです。

鹿児島行ったら珍しくもなんともなさそうですね。

台風の影響か不安定なお天気です。

晴れたかと思えばいきなりの雨

24895

この湿度は不快指数100ですね

って、最近は予報でも不快指数と言う単語

聞かなくなりましたね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ローズマリー

お洒落に爽やかに窓辺を飾ったのは何年前のことでしょう。

プランターから地植えにしてほったらかししてたら

このあり様です。

24830

すっかり野生化しています。

どうぞご自由にお使いくださいませと

通る人にアピールしています。

料理に使えるのは茎が白い柔らかなところかな。

24833

ローズマリーの香りは精神安定に良いとか。

後ろ(家側から見れば前ですが)はこんな感じ。

24832

なんてこったです。葉も落ちてハゲハゲ。

もしかしたら、このまま枯れちゃうのかしらと思うぐらい。

お世話が足りないんでしょうね。

外面がいい我家のローズマリーです。

一応、ローズマリーの効能として言われているのは

腰痛、筋肉痛の緩和
肝臓強壮
手足の冷え改善
頭皮の血行促進
抜け毛・育毛促進
フケ・白髪
咳・気管支炎の緩和・去痰(きょたん)
精神の高揚・抑うつ改善

<ローズマリーの利用法>

飲食用:ハーブティー、肉料理・焼き菓子の香りづけなど
香料用:アロマテラピー、ポプリ、入浴剤など
クラフト用:リース、花束など
園芸用:生け垣、グラウンドカバー、トピアリーなど品種の特性に応じて
薬用:チンキ剤、湿布剤など

以上、ちっちゃな庭先記録でした。



園芸分類:庭木・花木,ハーブ

形態:低木
原産地:地中海沿岸地方
草丈/樹高:30~200cm(品種による)
開花期:11月~5月(種類により夏も咲くものがある)/収穫期:4月~11月(冬も控えめなら可)
花色:青,白,ピンク,薄紫 
耐寒性:普通
耐暑性:強い
特性・用途:常緑性,香りがある,開花期が長い,生け垣向き,初心者でも育てやすい,グラウンドカバーにできる

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハイビスカス

玄関を出たら

おはようと言わんばかりに

ハイビスカスが咲いていました。

24780

花時は終わったのかと思っていたけれど

開花時の適温は15℃~25℃と言うことで

連日の猛暑に耐えかねていたんですね。

ここ数日の肌寒さを感じるほどの涼しさで

この花も本来の元気を取り戻したのかな。

一日花なので明日の朝には花弁をつぼめ

ポロンと落ちているでしょうけど。

プランター植えで栄養不足だろうから

次から次には咲かないし。

また、むかつく暑さが戻ってきているし。

今度はいつ顔を見せてくれるかな。

ちっちゃな庭先記録でした。

名 前  ハイビスカス
別 名  ブッソウゲ 〔仏桑花、扶桑花、朱槿、桑槿〕
英 名  Hibiscus、 Rosemallow
類 別  アオイ科 [Malvaceae]  フヨウ属 [Hibiscus]
性 質  熱帯性 常緑 広葉樹 低木または小高木
原産地  不明  (北半球の熱帯、亜熱帯、温帯地方に自生する)
用 途  鉢植え | 暖地では庭木 (シンボルツリー、フェンス)
花言葉  「繊細な美しさ」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母に初めて杖を持たせた。

これなら楽だと母はコツンと杖の音をならし歩き出す。

その歩幅は驚くほど狭く、後ろを歩く私は何度か母のかかとにつまづいてしまう。

いつもなら5分もあれば到着する道のりを15分もかけた。

少し曲がった腰、痛む膝をかばいながら歩く母。

悲しいほどに母の老いを見せ付けられた道のりだった。

向かった先は父のお墓。

線香の燃えカスを捨て軽く墓石を拭き、線香に火をつけた。

病ゆえに未だ父の死を忘れてしまう母だが

手を合わせ目を閉じる母はそれが夫の墓前と解っているのだろうか。

黒い墓石に私と母の姿が映っていた。

私の肩ほどしかない自分の姿を見て子供みたいだねと母は笑った。

途中、きれいな水が稲田に流れ込んでいた。

母も私もしばらく足を止め水の流れに目を置いた。

Dsc_0741_1




何も解らなくていい。

そこに立つ老婆は間違いなく生きている母なのだから。

大切にしたい。

| | トラックバック (0)

送り火

昨夜は「送り火」をしました。

と言っても我家のその行事は自己流です。

祭壇に飾ってあった「まこも」等を燃やしながら合掌しました。

種火は、夕方から始めたバーベキューの残り火で

たいまつで火を熾す手間が省けました。

お肉はザブトン(はねした)に舌鼓を打ち、盛り上がり

Img_20180816_114152_2

その火で花火をして、また盛り上がり

Img_20180816_114449_2

花火が済んだら静かに「送り火}です。

メリハリのきいた楽しい炎で父もホッとして帰ったことでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

盆花

お盆もお中日になりました。

Dsc_0697

我家の盆花はユリです。

エアコンの効いた部屋でも蕾はどんどん開きます。

ユリは蕾が開いたら直ぐに雄蕊の葯を取り除きます。

花粉が衣服や床に付くのを防ぎ、また花も長持ちします。

ユリの種類は豊富です。

ユリといえば香りが強い印象ですが

仏花は香りはあまり強くない物が好ましいわけで

ユリは不向きのような気がしますが

ちゃんとあるんですね。

香らない品種が。

Dsc_0710effects_2

これはシベリアというカサブランカに良く似たユリです。

開花した見た目はカサブランカと殆ど変わらないけれど

カサブランカに比べ蕾は小さく、上を向いてついています。

カサブランカは横かやや下向きです。

シベリアの方が葉もつぼみも細いです。

と、言うことで

我家の盆花は盆飾りの主役を見た目は大胆に香りは清楚に務めています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キレキレダンス

姫1号がダンスを始めて6年経ちました。
早いものです。

この動画を見ていると涙腺緩みます。

この中で一番可愛い子が姫1号

 

 


そして6年、

先日の猫まつり。  踊っている 姫1号はポニーテールが一番長い右の子です。

 

 

かっこいいヽ(´▽`)/ 婆バカ全開です。

時々、ママと間違われるのは嬉しいな......

なんてね、300%盛っちゃいました(笑


(この動画は自動的に消滅します(笑))


| | コメント (2) | トラックバック (0)

スイカ

どーん!

夏はやっぱりこの赤でしょう。

Dsc_0698

『みんなが知らなかった、スイカの底力。

熱中症予防、ダイエット、女子力up……。

スイカには夏のカラダが喜ぶ栄養素がぎゅっと詰まっているんです。』

とは こちら
 

ん?と思った方はご覧ください。

スイカの効力ってすごいんですね。嫌いじゃなくて良かった(゚ー゚)

ただ、スイカって重いし切るの大変だし冷蔵庫でがさばるし

食べてると絶対赤い汁こぼれるし.....ブツブツ


とにかくこの酷暑 スイカでも食べてなんとか乗り切りましょう。


酷暑と言えば.....って全然関係ないけど

バテバテだった無線ランを交換しました。

今までの2倍ぐらいは元気になったかな♪

Dsc_0703

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手筒花火

クライマックスです!

柿田川手筒花火保存会(商工会青年部)による手筒花火が祭りのフィナーレ 。

津軽三味線集団「疾風」の曲に合わせて打ち上げます。

私達は使い終わった手筒の中の炭を取り除いて半紙で蓋をし、お札を貼り付ける作業をします。

縁起物として販売をするためです。

なので、残念なことにゆっくり観ている暇はありません。

Dsc_0702_2

焼きそば500食は完売しました。よかったヽ(´▽`)/

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

柿田川湧水まつり

柿田川湧水まつり

一年で一番過酷な日が始まりまーす!
もう焦げてます。
あぢ~っ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FORTINET

FORTINET

先日からネットが気持ち良く見えなくなってます。
昨日、見てもらったらこの箱がお馬鹿になっているそうです。もうすぐ新しい機械を持って専門さんが来ます。なんでも良いからストレス減らして下さいな(((^_^;)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »